内活日本教3000浦井智司

天下垂钓网 垂钓技术 2020-04-26 20:39:32 0 日本  一人  日本人  赤峰  

_k途上国のUg社会の_kを支援するため、Y金的技g的なf力を展_する国Hf力C(JICA)。

JICAは「青年海外f力」と呼ばれるボランティアを世界各地に派遣し、F地の人々とともに、その国や地域が抱える}の解Qに取りMんでいる。ここ中国にも、^去30年gに渡って800人を超えるTが派遣され、日本Z教育やリハビリテ`ションといった分野で献してきたgがある。

今回人民W者は、内モンゴル自治区赤峰市内に位置する赤峰学院で、日本Z教として活Sする浦井智司(うらいさとし)さんへのL取材を行った。浦井さんは2013年7月から、内モンゴル自治区赤峰市内の赤峰学院に日本Z教として派遣された青年海外f力T。以前も日本Z教としてタイに2年g滞在していたUYもあり、外国で教鞭を踏虢UYは非常にN富だ。

浦井さんは同校日本Z学部の会の授IをLに5回受け持っている。「意Rしていることは、生徒が日本ZをすC会を如何に作るか。1つの授Iでのkは生徒7割、教3割程度が理想」という浦井さんの授Iは、生徒たちがeO的に日本Zでの会をSしむ和やかな荬税まれていた。授Iにする生徒からのuは非常に高く、lもが「根荬瑜丁に、しく教えてくれる先生」と口をBえる。この地域で暮らす外国人は少なく、まして日本人ともなるとさらに限られてくる。そのため、多くの生徒にとって浦井さんは初めて接する日本人となる。このs2年g、浦井さんは出来る限り生徒たちにHしみをもってもらえるよう工夫を凝らしてきた。自宅に招いて日本の料理を作ったり、rには生徒の寮に足を\んで世gをしたり、「日本Zコ`ナ`」をOけて休みrgにも|を受け付けたり。また生徒一人一人に日本Lのニックネ`ムを作って呼ぶことも、浦井さん自身が彼らの名前をえ易くするとともに、彼らとの心の距xをsめるための工夫の一つだ。「うめちゃん」、「ゆうたくん」、一人一人の中国名に因んでつけられた日本名を、授Irgに限らず、彼らは普段から喜んで呼び合うようになったという。浦井さんの嵋猡纤の教Tにも护铯盲皮い俊M校日本Z教のo玉辏ē俯`ユ`ビン)先生は、「浦井先生は生徒たちに等身大の日本人と接するC会を提供し、それまで知ることのできなかった日本の々な情螭湮幕に触れるためのF重な口となっている」とその役割の重要さをZる。浦井さんは、この2年gで自分自身の成Lも感じている。「昨年使ったノ`トを使用しているので、それを参考にしながら今年はさらに改善された授Iを提供できるようになった」。そんな浦井さんの任期K了(今年6月)後の予定は、大学院にM学し、引きAき日本Z教育の理を深めること。そしてその後はまたF訾ってg践を重ねたいという。「日本人にしかできないことがFり」と浦井さんはZる。JICAの取りMみの最前に立って、F地の人々と交流し、信mをBし、「草の根の外交官」のような役割を果たす青年海外f力。今後も浦井さんのような若い人材が、中日I国の窑颏趣筏苹钴Sしてくれることを期待したい。(岩崎元地)「人民W日本Z版」2015年4月10日。

版权声明

本文仅代表作者观点,不代表本站立场。

下一篇 :返回列表

分享:

扫一扫在手机阅读、分享本文

留言与评论 (共有 条评论)
验证码: