漫画北京簟簟茎钎

天下垂钓网 垂钓新闻 2020-03-19 18:13:27 0 高校  学校  中国  上海  日本人  

 北京で唯一の中国人と日本人を象にした漫画サ`クル「北京漫画研究会」を主催している佐々木ディエゴgさん。

F在、外UgQ易大学に通う3年生だ。中国でも特に「80後」、「90後」と言われる10代から30代までの若い婴R倒的な人荬蛘Fる日本アニメだが、佐々木さんにこのサ`クルを立ち上げたUや中国のアニメ事情などについて伺った。

■日本人だらけの上海での高校生活  ぬるかったh境を反省DDDDD もともと中国に来ることになったのはどういうUからですか? 中国に初めて来たのは、中学校を卒Iして、上海の高校に入学したrです。

でも最初は、Hにちょっとそそのかされたという感じで。

(笑)中学3年でM学先をQめるとき、今思うと中3の考えなので多少甘いのですが、何か手にをつけたいと思っていました。

例えば、料理人だったら、一般的には高校卒I後にT学校に通って、そこからだいたい20rからのスタ`トですよね。それをもし高校へ行かずに、15rぐらいから始めれば、すごく特eな才能がなくても、先に5年gスタ`トした分、そういった人たちに伽皮啤⒁涣鳏摔胜欷毪螭袱悚胜いと思ってたんです。 それもあってあまりM学を考えていなかったんですが、父Hから上海に外国Z大学附属学校があるんだけど、上海は今後もさらにUgがk展していく可能性が高いので、中国Zを勉していてpはないんじゃないかと幛幛椁臁じゃ行こうかとQ心しました。DDDDD高校から中国に行くことに趸螭い悉胜ったんですか? 外国だから何か特eだとか思ってなかったですし、特にいイメ`ジはなかったです。Wはハ`フで母Hがブラジル人ですし、外国人にはTれていることもあり、中学3年のrから外国や外国人にする恐怖や不安感というのは全くありませんでした。

DDDDDgHに、来てるとどうでしたか?どんな高校生活だったのでしょうか。

 gは入学した高校は上海外交大学付属高等学校の国H部という本科とはeのMみの、留学生オンリ`の学部だったんです。

それもあって、大体、全体の8、9割ぐらいが日本人で、残りはn国人や香港台湾から来た人たちでした。

国H部は一学年で多くて40人、少なくて10人という、かなりこじんまりとした学校で、大きな上海という街の中の非常に小さなコミュニティで^ごしていました。

 しかも学校では寮の中にずっといるので、日々の生活も寮と学校の教室のgを行きりするだけという非常に限られたものでした。

寮も一Aから十数Aまであるんですが、1フロアすべてが日本人。

このように中国人と日本人を含む外国人が学校内で完全に分けられていて、自分が非常にeO的にvわろうとしない限り、中国人と交流できるシステムではありませんでした。

 中国Zは、最初ぐんと行って、その後横ばいでした。

やはり中国人との生の交流が限られていたので後半伸びなかったですね。

学校の授Iはすごくgで、高校の卒IY格は旧HSKの3を取ればいいというものでした。

高校一年生のrにすぐに3を取ったので、もうそれで卒IできるY格を_保してしまい、どんなにWい人でも、2年生の後半には取ってしまうので、勉は本当にgでした。

高校生活は本当にぬるいh境の中で^ごしていました。

vB事。

版权声明

本文仅代表作者观点,不代表本站立场。

下一篇 :返回列表

分享:

扫一扫在手机阅读、分享本文

留言与评论 (共有 条评论)
验证码: